スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<前原国交相>成田に全身スキャナー 7月めどに実験開始へ(毎日新聞)

 前原誠司・国土交通相は30日、閣議後の記者会見で、昨年12月の米航空機爆破テロ未遂事件を受け、成田空港で7月をめどにボディースキャナーの実証実験を開始することを明らかにした。

 事件では、金属探知機では探知できない化学物質が機内に持ち込まれた。ボディースキャナーは衣服の下を透視でき、化学物質の検知もできるとされる一方、搭乗客の体形などが分かるため、プライバシーが侵害されるとの指摘もある。

 前原国交相は「3機種導入するが、1機種は体のラインがすべて写る。1機種は(体格を)マネキンに模してチェックする。いろいろなもので実験したい」と述べ、4月にプライバシー保護など導入に向けた課題を検討する実行委員会を設置することを明らかにした。日本の空港では、米国便の乗客について、搭乗口で接触検査をするなどテロ未遂事件を受け、追加の保安対策を講じている。【平井桂月】

【関連ニュース】
前原国交相:スカイマークの操縦室撮影「言語道断」
前原国交相:採用説明会出席へ 「官僚やはり重要」PR
前原国交相:八ッ場ダムの湖面1号橋工事継続
前原国交相:4全総の高速道計画の縮小を示唆
前原国交相:「政治とカネが一番大きい」 支持率低下原因

山梨県の建設業者60社に立ち入り検査 公取委(産経新聞)
普天間問題「皆が納得する案を努力している」 防衛政務官、米国防次官補と会談(産経新聞)
<判決文偽造>元書記官に懲役11年 さいたま地裁判決(毎日新聞)
首相、小沢氏らと懇談「国民の目は厳しい」(読売新聞)
貨物船同士衝突、2人不明=船長重傷、1隻沈没-鳴門海峡・徳島(時事通信)

海洋汚染の確認は514件=2009年の海保まとめ(時事通信)

 海上保安庁は25日、2009年中に同庁が確認した海洋汚染のまとめを発表した。
 それによると、油の流出や廃棄物の浮遊などの海洋汚染の確認は514件で、前年より41件少なかったが、2年連続で500件を超えた。
 原因は、給油時のバルブ取り扱いミスなどのヒューマンエラーが42%を占めており、同庁は関係者に注意を呼び掛けている。 

国民新、参院比例選でプロレスラー公認(読売新聞)
新型インフル対策総括会議の構成員を発表―厚労省(医療介護CBニュース)
敏いとう氏を参院選擁立=国民新(時事通信)
西日本各地で今年初の夏日 大分で29.3度、松山では27.5度 (産経新聞)
山梨県の建設業者60社に立ち入り検査 公取委(産経新聞)

雑記帳 メタボ「月光仮面」が日光PR(毎日新聞)

 栃木県日光市の魅力をPRするマスコットキャラクター「日光仮面」の着ぐるみが誕生した。テレビ草創期のヒーロー「月光仮面」をモチーフにして、日光地区観光協会連合会などが企画した。

【写真特集】ゆるキャラといえば 大人気 彦根のゆるキャラひこにゃん

 額に三日月が描かれていた月光仮面に対し、日光仮面には世界遺産登録のロゴマークをあしらった。ベルトのバックルに「日」、胴体に「光」の文字をデザイン。顔は強化プラスチック製で身長約2メートル。

 国内有数の観光地だが、近年は観光客数の落ち込みも目立つ。メタボ体形のため、「疾風(はやて)のように現れて」とはいきそうもないが、癒やし系キャラとして観光客をいざなえるか。【浅見茂晴】

【関連ニュース】
【写真特集】ゆるキャラまつり:子どもたちとツーショット
【写真特集】和歌山電鉄貴志駅の猫の駅長「たま」
【写真特集】ゆるキャラ:自治体のキャラクターずらり 東海3県
メタボ脱出大作戦:運動と食事療法、効果あり 実証研究に記者参加 

産科補償制度、原因分析報告書を公表(医療介護CBニュース)
伊丹空港廃止、箕面市議会が決議の見通し 地元3市の差際立つ(産経新聞)
差し押さえ逃れで仮登記=「指導」の弁護士、懲戒処分-鹿児島(時事通信)
みんなの党、参院選で北口・明石市長に出馬打診(産経新聞)
停電の原因ケーブル、駅構内無線ネット用(読売新聞)

強風で22人けが、16件の建物被害 神奈川(産経新聞)

 全国各地を直撃した強風の被害。神奈川県内では21日、22人が重軽傷を負ったほか、民家の屋根が破損するなどの被害が出た。

 午前4時ごろ、相模原市津久井町の民家で、雨漏り修理のために屋根に上っていた修理業の男性(59)が、強風にあおられ約3・5メートル下の地面に転落し、胸の骨を折る重傷。厚木市緑ケ丘では、道路を歩いていた女性(65)の右足に、強風で飛んできた畳大のベニヤ板があたり、軽傷を負った。

 同市や横浜市、藤沢市、小田原市などでは、屋根の瓦が飛ばされて破損するなど、16棟の建物被害が確認された。

 また、JR相模線の海老名-入谷駅間で、強風で木が線路内に倒れ、一時運休。小田急線でも海老名-伊勢原駅間でロマンスカーの運転を一時見合わせた。

 東京湾アクアラインは川崎浮島ジャンクション-木更津金田インターチェンジ間の上下線で、一時通行止めとなった。

【関連記事】
全国各地で黄砂観測 空の便に影響
静岡県で大雨や強風の被害相次ぐ
強風で5棟焼ける 73歳の男性死亡
強風で交通ダイヤが大荒れ 都内ではけが人も
直前に演習場内で飛び火 御殿場の3人焼死野焼き

愛子さま登校、皇太子ご夫妻「心を痛めています」(読売新聞)
社民福岡県連「ついでに」朝鮮学校で常任幹事会(読売新聞)
不審火2件、ゴミとシャツ燃える 大阪・箕面(産経新聞)
公務員の幹部人事凍結=新制度前の駆け込み防止-仙谷担当相(時事通信)
<福岡切断遺体>顔見知り関与か…争いの跡なく(毎日新聞)

秋葉原無差別殺傷 きょう第6回公判(産経新聞)

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大被告(27)の第6回公判が15日午後1時半から東京地裁(村山浩昭裁判長)で開かれる。今回は目撃者3人の証人尋問が行われる。

 公判では、目撃者や被害者、遺族、鑑定医など計42人の証人尋問が予定されている。

 加藤被告は初公判で事件の事実関係を認めたが、弁護側は責任能力を争う姿勢を示した。しかし、冒頭陳述では、どのような手法で責任能力を争うかについては明らかにしなかった。

 起訴状によると、加藤被告は平成20年6月8日、東京・秋葉原の交差点にトラックで突っ込み、3人をはねて殺害。さらにダガーナイフで4人を刺殺したほか10人にけがを負わせたなどとしている。

【関連記事】
(4)迫るトラック、友人が背中を押し「自分を救ってくれたと思う」 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
「犠牲になった友人が背中押して助けてくれた気がする」 秋葉原殺傷の被害者が証言
(3)「頭にべっとりと血だまりが」被害者の調書が事件を再現 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
(2)アニメ好きの4人組、映画帰りに「突然トラックが…」 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
(1)「その見取り図作成は忘れました」 証人の警察官が正直に“告白” 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
20年後、日本はありますか?

政府、県内移設で最終調整=シュワブ陸上など2案-普天間(時事通信)
危ない投資話に注意! =「必ずもうかる」、被害増加-HPで呼び掛け・警視庁(時事通信)
効果は未知数…高校授業料の無償化(産経新聞)
准看受験可など提言―EPA受け入れで四病協(医療介護CBニュース)
<日本郵政>郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。