スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<自民党>谷垣総裁 事態収拾に指導力を発揮できるか焦点に(毎日新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は11日の記者会見で、党内で夏の参院選前の執行部交代を求める声が相次いでいることに対し、「執行部を直ちに刷新することは考えていない」と述べ、党人事を明確に否定した。党の地方組織からは執行部批判への反発も出始め、谷垣氏が事態収拾に指導力を発揮できるかが焦点になってきた。

 党長崎県連幹部は11日、党本部に谷垣氏を訪ね、長崎県知事選に勝利した現執行部への支持を表明したうえで、党の一致団結を要請した。会談後、同県連の小林克敏政調会長は「今は我慢をするときだ。地方議員も我慢している」と述べ、新党結成に言及した与謝野馨元財務相や舛添要一前厚生労働相に自重を促した。党岐阜県連も8日付で「執行部批判は衆院選の結果を忘れたかのごとく異常で、聞くに堪えない」との抗議文を党本部に送っている。

 一方、与謝野氏は11日、自身が会長を務め、社会保障制度のあり方や財源問題を議論する「安心社会研究会」の初会合に出席したが、この問題には言及しなかった。【木下訓明】

【関連ニュース】
与謝野元財務相:勉強会に14人「執行部刷新」で一致
自民:執行部体制一新 山本有二氏ら要請
自民:総裁辞任求める声続々 党勢低迷、参院選に恐怖感
自民党:与謝野氏が新党結成の可能性に改めて言及
自民党:与謝野氏「新党結成辞さず」…執行部批判続々

普天間、難点だらけ乱立移設案…県内も国外も(読売新聞)
北教組 労使癒着の温存画策 46協定破棄後 道教委と「交渉」(産経新聞)
田原氏発言、配慮欠き不適切=さらなる謝罪放送は求めず-BPO(時事通信)
<鳩山首相>支持率回復への改造否定(毎日新聞)
皇太子さま、アフリカ訪問へ出発(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。